MENU

バッテリーはどうやって処分すればいいの?電動アシスト自転車のお手軽な処分方法について知りたい! - 名古屋・愛知で不用品・家具・家電を売るなら|出張買取の買取いちばん

30秒で
無料査定
LINE@
無料査定

バッテリーはどうやって処分すればいいの?電動アシスト自転車のお手軽な処分方法について知りたい!


重い荷物を積んでいても、坂道の多い場所でもスイスイ進める電動アシスト自転車。
お子様を連れて移動する方に人気の電動アシスト自転車ですが、子育てが一段落したり引っ越しなどで不用になった際はどのように処分すればよいのでしょう。
普通の自転車と同じ処分方法でいいのか、処分の前に特別にしておくことはあるのかわからないことも多く、処分に頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。
今回は電動アシスト自転車を処分する際に必要な手順や方法を詳しくご紹介します。正しい手順を踏めば普通の自転車と変わりなく簡単に処分できますので、ぜひご一読ください。

私が監修致しました

バッテリーはどうやって処分すればいいの?電動アシスト自転車のお手軽な処分方法について知りたい!監修者
河上 洋介

買取いちばんスタッフの河上です。 お子様のいるお母さんや、脚力の弱ってきた高齢の方などの強い味方になってくれるのが電動アシスト自転車です。 電動アシスト自転車が不用になったとき、どんなふうに処分すればよいかご存じの方は意外と少ないかもしれません。 バッテリーがついている分、処分も難しく感じてしまいそうですが何も難しいことはありません。 今回のコラムでは電動アシスト自転車を正しく処分する方法を、順を追って詳しく説明していきます。正しい処分方法が分からなくて放置していた…という方も安心して自転車を処分して頂ける内容になっていますので、ぜひご参考になさってください!

まずは防犯登録の抹消を!

普通の自転車を処分するにしても電動アシスト自転車を処分するにしても、最初にしなくてはいけないことは同じです。
まずは防犯登録の抹消を一番に行いましょう。

そのまま処分してしまいがちな防犯登録ですが、抹消しておかないと新しくその電動アシスト自転車を使うことになった人が自分の名義で登録することができなくなってしまいます。
また、もし手放した後に盗難などの犯罪にその電動アシスト自転車が使われたりなどした場合は、自分がその電動アシスト自転車の所有者としてあらぬ疑いをかけられてしまうかもしれません。

いらぬ手間やストレスがかかる前に、忘れずに防犯登録を抹消しておきましょう。

電動アシスト自転車の防犯登録の抹消方法

電動アシスト自転車を含む自転車の防犯登録の抹消は、最寄りの交番や警察署の安全課、または自転車防犯登録所として認定を受けている自転車屋さんでも手続きができます。

防犯登録をしたときにもらっているはずの防犯登録カードや、運転免許証など自分の身分を証明できるものの持参が必要です。
防犯登録カードをなくしてしまった!という場合は自転車を購入したときに控えなどがあれば受け付けてくれることもありますが、あらかじめ確認してからそれぞれの場所に足を運ぶのがおすすめです。

また防犯登録は登録をした地域とは別の都道府県でも抹消することはできますが、引っ越しなどで他の都道府県へ移動するときには事前に今の都道府県で抹消を行っておくのがスムーズです。

防犯登録には有効期限がある

防犯登録には有効期限があり、8~10年ほどに設定されている自治体が多いです。
防犯登録を行ってからかなりの年月が経ち、有効期限が切れている自転車は自動的に防犯登録が抹消されるので、改めて抹消の手続きをしなくても大丈夫です。
いつ頃購入し防犯登録をした自転車なのかを覚えておくと、処分の際に防犯登録の末梢が必要かどうかを判断する材料になるでしょう。

電動アシスト自転車の処分方法

電動アシスト自転車の処分にはいくつかの処分方法から選ぶことができますが、元が高価な電動アシスト自転車は育児中の女性や体力のない高齢者の方から人気があり、中古でもいいからほしいという方が多い品目です。

そのためお持ちの電動アシスト自転車の状態が良ければ、買い取ってもらったり欲しい方に譲るという方法がおすすめです。
処分費用もかかりませんし、状態によっては思わぬ高額で買い取ってもらえることもあります。

不用品買取業者・自転車買取専門のショップに買い取ってもらう

リサイクルショップや不用品買取業者、またインターネット上には自転車買取の専門店などもありますので、一度査定に出してみると良いでしょう。
店舗に持ち込むのが大変な場合は出張買取やメール、LINE査定を行っているショップもありますので、気軽に利用できます。

残念ながら買取価格がつかなかった場合でも、無料で引き取ってくれることもありを費用をかけずに処分することができるかもしれません。

友人や知人に譲る、ジモティーなどの地域掲示板を利用する

リサイクルショップなどでは買取価格がつかなかった電動アシスト自転車でも、友人や知人など身近な人の中には欲しいという方がいるかもしれません。
防犯登録の抹消だけは先に済ませておく必要がありますが、面倒な手続きもなく気軽に電動アシスト自転車を手放すことができます。

また、身近な人で欲しがっている人が見つからなかった場合でも、ジモティーなど地域の掲示板を利用して
近隣に住む方に電動アシスト自転車を譲るという方法もあります。

最寄り駅や玄関先などまで直接引き取りに来てくれるため、梱包や発送の手間もないのが便利な点です。
個人間でのやりとりになりますので、トラブルのないよう誠実な対応を心がけるようにしましょう。

メルカリなどフリマアプリに出品する

今は一般の人でもネットオークションやフリマアプリで手軽にものを売買できるので、電動アシスト自転車を出品してみるのも良い方法です。
メルカリなどのフリマアプリであれば、販売価格を自分の好きに設定できるので売れれば確実に利益を出すことができます。

電動アシスト自転車は定価が10万円以上するものも多く、普通の自転車に比べて高額です。
中古でもいいから少しでも安く購入したいと言う人は多く、電動アシスト自転車は人気の商品となっています。

ただ送料を出品者が負担することが多く、大きくて重さもある電動アシスト自転車を発送するにはかなりの送料がかかります。それを加味した金額設定をしておかないと赤字になってしまうこともあるので注意しましょう。

ネットオークションやフリマサイトを利用して電動アシスト自転車を販売する場合にも、防犯登録は事前に抹消手続きを済ませておくのを忘れないようにしてくださいね。

自治体に粗大ごみとして回収してもらう

これまでは電動アシスト自転車をなるべくお金に変えて処分する方法を紹介してきましたが、ここからは壊れていたりもう乗れない状態の電動アシスト自転車を処分する方法になります。

ボロボロでもう乗れないような状態の電動アシスト自転車は、普通の自転車と同様に自治体に粗大ごみとして回収してもらう費用と安価に抑えられます。

センターに電話かインターネットで回収を予約し、必要な費用分の手数料納付券をコンビニやスーパーなどで購入します。
回収日当日になったら納付券を貼り付けた電動アシスト自転車を収集場所まで運び出せば処分は完了です。

処分費用は自治体によって異なりますが、名古屋市では500円で処分が可能です。

電動アシスト自転車のバッテリーを処分するには

電動アシスト自転車のバッテリーは、自治体によっては処理困難物に指定されていることも多く自転車と一緒に自治体の粗大ごみに出すことはできません。

バッテリーはリサイクルすることができますので、不法投棄したり通常のごみとして処分するのは全体にやめましょう。
購入した自転車店に持ち込むか、JBRC(小型充電式電池リサイクルセンター)というところで使用済バッテリーは無料で回収が可能です。

ごみ処理場に直接持ち込む

収集場所への個別回収に出さずに、不用品を直接処理場に持ち込んで処分してもらう方法もあります。
持ち込みに予約が必要なことが多いので、事前にホームページなどで確認しておきましょう。

持ち込みで処分して貰う場合は重さで金額が決まることが多く、個別回収で処分するよりもさらに費用を抑えて処分することができるかもしれません。

不用品回収業者に回収を依頼する

処分したい自転車が何台もある場合や、引っ越しなどで期限が迫っている方。また収集場所まで自転車を運ぶのが大変だという方には不用品回収業者へ依頼して回収してもらう方法がおすすめです。

不用品回収業者であれば、バッテリーを自分で取り外さなくてもいい上、自宅まで好きな日時に回収に来てもらえるため手間がかかりません。
電動アシスト自転車の他にも処分したい不用品がたくさんある場合はまとめて引き取ってもらえるので便利です。

手間がかからない分、費用は粗大ごみに出すより高額になります。業者により差がありますが1台あたり数千円ほどで処分ができるでしょう。

不用品回収業者に電動アシスト自転車の処分をお願いするときには、誠実な業者を自分で見極める必要があります。
回収したものを正しい手順で処分を行わずに不法投棄したり、積み終わってから高額な請求をしてくるような悪徳業者もあるため注意して業者を探しましょう。

最低でも「一般廃棄物収集運搬許可」を持っている業者かどうか、ホームページに実績を多く載せているかどうかなどはチェックするようにしましょう。

まとめ

電動アシスト自転車は中古でも幅広く需要があるため、お金を支払って処分するよりもまずは買取でお金に変えられないか検討してみると良いでしょう。

やむを得ず処分する場合でも、粗大ごみで処分する場合はバッテリーは別で回収しなくてはいけないため、適切な手順で手放すようにしましょう。

台数が多かったり他にも不用品があるときは不用品回収業者に依頼するのが便利です。
ご自身の状況にあった最適な方法で、正しく電動アシスト自転車を処分しましょう!



関連記事

選べる3つの買取方法

HOW01

早く売りたい、
商品が多い・
大きい、梱包が面倒な方

出張買取

おすすめ!
リサイクルショップに行かなくてもOK

名古屋市16区・愛知県全域・三重県(近部エリア)・岐阜県(近部エリア)は最短30分で集荷

HOW02

店舗が家から近い、
外出ついでの方

持込買取

持込ボーナスあり!
少しでも高く売るなら

好きな時間にリサイクルショップを利用したい方。
パーキングもご用意。お車でのご来店OK!

HOW03

空いた時間に、
手間をかけたくない方

宅配買取

全国どこでも対応
ノーリスク!

着払いでの発送なので、送料無料!
本査定に納得いかなくても、返送料は当社負担!

査定料・出張料・配送料・キャンセル料が「全て0円!」もちろん名古屋市外、愛知県外でも「0円!」

今すぐ無料査定

お急ぎの方はお電話ください!リサイクルショップに行かなくてもご自宅でスムーズに不用品の処分ができます。名古屋市、愛知県近郊へのスピード出張買取も可能!

9:00~20:00 / 年中無休