モノで寄付する社会貢献。世界中の子どもたちに笑顔の種を。

釣り道具の寄付で社会貢献

あなたの不用になった釣り道具を現地に直接、もしくはワクチンでお届けいたします

2021-10-14_14h18_21
2021-10-15_23h45_28
釣り竿

釣り道具の寄付で世界中に笑顔の種を。

長年愛用したけど最近使っていない釣り竿はありませんか?
買ってはみたものの倉庫に眠っている釣り竿はないですか?
また、遺品整理や生前整理などでご家族の愛用していた釣り竿はありませんか?
釣り竿は安価なものでないため、捨てるのはもったいないですよね。
お持ちの釣り竿の処分をお考えでしたら、海外への寄付支援に役立ててみてはいかがでしょうか。
ユースマイルでは、不用になった釣り竿を再利用して寄付活動・募金活動ができます。

長年使用した釣り竿は買い取りが難しく、結局手放せなかったという釣り竿でも、貧困国ではまだまだ需要があります。
また、日本の釣り具の精度や技術は世界のトップレベルであり、海外でも人気があるためとても喜ばれます。
寄付した釣り竿は、貧困国では日常的に生活に使用する方もいれば、趣味として使用する方など、必要な方の手に渡ります。

まだ使える釣り竿をお持ちでしたら、必要とする方に寄付をしてみませんか?
ご寄付いただいた貴重な釣り竿は、大切に現地支援に役立てさせていただきますので是非ご寄付のご検討よろしくお願いいたします。

需要がなく寄付支援にあてることのできない釣り竿もありますが、そういった釣り竿はリユース部門から認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会を通してワクチンで支援いたしますのでご寄付頂いた物品は最大限現地に還元させていただいております。

ユースマイルの釣り道具寄付の特徴

誰一人取り残さない。釣り道具の寄付でSDGs

昨今メディアでも多数取り上げられ、耳にすることも多くなった言葉、「SDGs」(エス・ディー・ジーズ)。

Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の頭文字を取った略称でSDGsと呼ばれています。

持続可能な開発目標とは、「誰一人取り残さない」持続可能でよりよい社会の実現を目指す、2015年9月の国連サミットで合意された世界共通の目標です。

2030年を達成年限とし、17のゴールと169のターゲットから構成されています。

私たちこのSDGsの理念に基づき、「モノの再利用」「無駄な浪費の削減」「ゴミの減少」「教育機会の増加」「雇用機会の増加」「生活環境の向上」のため、不用品の寄付を通じて恵まれない地域・人々への物的支援を行っております。

こんな釣り道具をご寄付頂きました

ご自宅の整理をした際に出てきたという釣り竿を寄付していただきました。
釣りをしなくなってからも愛着があり、なかなか捨てられずに保管していたとのことでしたが、まだ使ってもらえるならとの思いで送っていただいたものです。
長年愛用されていたということもあり、多少傷んではいたものの使用には問題がないことから、海外へ寄付させていただきました。
釣り竿を4本寄付していただきました
新しい釣り竿に買い替えた際に、古いものを処分したいとのことでリールやルアーなども合わせて数点寄付していただきました。
どれもまだ新しいものでしたが、釣りが趣味で購入していくうちに気付いたらたくさん溜まっていたとのことでした。
釣り竿が日本のメーカーで状態が良かったことと、ルアーの量が多かったことから、国内需要が高いと判断し、再販売してワクチン購入の費用とさせていただきました。
釣り竿とリール、ルアーを数点寄付していただきました
数回使用したという釣り竿を寄付していただきました。
付き合いで購入してみたが実際にはあまり出番がなく、家で保管したままだったとのことでした。
傷などもなく状態が良かったのですが、メーカー品ではなく購入価格が安かったとのことから国内で再販売しても売れる見込みがなく、海外へ寄付させていただきました。
釣り竿とリールを寄付していただきました
「亡くなった父親が使用していた釣り道具を一式処分したい」とのことで寄付していただきました。
ご家族が残った釣り道具を処分する際、処分方法や価値がわからない場合が多くあります。
せっかくなら誰かの役に立ってほしいとの思いから送っていただきました。
どれも古いものでしたが、まだ使えることと、釣り竿とリールは海外での需要も高いため現地へ寄付させていただきました。
釣り竿を含めて道具を何点か寄付していただきました

釣り道具寄付の方法・流れ

釣り竿

梱包・発送

ご支援者様にて寄付していただける釣り道具を適当な大きさのダンボールに梱包ください。寄付対象品目にあるものでしたら一緒に梱包していただいても大丈夫ですので、下記住所まで発送をお願い致します。輸送中の破損等が無いよう、クッション性の高い衣服やぬいぐるみなどと同梱いただくと安心です。
1625567800383

仕分け・現地へ

そのまま寄付できる釣り道具なのか、ワクチンに変えて支援先にお届けするかを専門家が仕分けを行います。現地でそのまま使用できるものは船便で発送します。ワクチンに変える場合は弊社のリユース部門から認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会を通してワクチンで支援いたします。
ミャンマーの子どもの笑顔

支援先へ到着

支援先に釣り道具が到着しましたら、現地の協力団体を通して各孤児院や教育施設、支援を必要としている方々に分配致します。現地での作業は現地職員の方に依頼することで現地での雇用機会の増加にも寄与しています。皆様の寄付品で一人でも多くの方々の笑顔を創造していきます。

発送先住所

〒452-0811 愛知県名古屋市西区砂原町43-2
REPROZホールディングス株式会社 ユースマイル宛
※送料はご支援者様負担でお願いいたします。

こんな釣り道具もご寄付いただけます

釣り道具をご寄付頂いた支援者様のお声

アユ釣りが趣味で長年釣り道具を愛用していました。
しかし年齢とともに使用頻度が少なくなり、そろそろ手放そうかと考えていたときに海外への寄付ができるということを友人に教えてもらいました。
大切にしてきた釣り道具で愛着もあったために、ごみとして処分するよりもずっと気持ちよく手放すことができ満足しています。
長年愛用していた釣り道具一式を寄付してくださった岐阜県岐阜市のN様
海が近いこともあり、子どもが小さい頃は家族でよく釣りに出かけていました。
子どもが大きくなるにつれてあまり釣りに行かなくなり、どうやって処分しようかと考えていたときにユースマイルさんを知り、寄付させていただきました。
子どもが使用していたこともあり、かなり傷んでいましたが、それでも需要があるとのことで思い出の釣り竿を活用してもらえて嬉しく思っています。
ご家族で愛用していた釣り竿を寄付してくださった三重県鳥羽市のA様
独身の頃は釣りが趣味でよく出かけていたのですが、結婚して出産してからはほとんど行かなくなりました。
しばらくは処分するか迷っていましたが、今後も忙しくてなかなか行けそうにないので、思い切って寄付することにしました。
ちょうど、子どもの服やおもちゃなど他にも処分したいものがあったので、まとめて処分できてよかったです。
全てまだまだ使えるものばかりで、寄付という形で役に立てて嬉しいです。
使用していた釣り道具を一式寄付してくださった奈良県桜井市のN様
祖父母の家の整理をしていた時に使用していない釣り竿を見つけて、どうやって処分しようか悩んでいました。
高価なものはリサイクルショップで買い取ってもらえたのですが、古い釣り竿は買い取ってもらえず、寄付をすることにしました。
祖父が大切にしていたものかと思うとごみとして捨てるのも気が引けるので、寄付という選択ができて良かったと思います。
この釣り竿で誰かの役に立てたなら幸いです。
ご家族の愛用されていた釣り竿を寄付してくださった愛知県豊橋市のK様

釣り道具の寄付についてよくあるご質問

申し込み等は不要ですので、段ボールに入れていただき、そのまま下記住所にお送りください。
〒452-0811 愛知県名古屋市西区砂原町43-2
REPROZホールディングス株式会社 ユースマイル宛
※送料はご支援者様負担でお願いいたします。

はい、大丈夫です。多少の使用感のある釣り竿でも、使用に問題がなければご寄付いただけます。

はい、大丈夫です。ルアーやリール、糸などの道具類も送っていただけます。
ものによっては国内にて再販売し、ワクチン購入の費用とさせていただきます。

梱包のサイズや発送元、ご利用される運送会社によって変わってきますので、お手数ですが運送会社様にご確認ください。
ご利用される運送会社に指定はございませんので、ゆうパックやクロネコヤマト、佐川急便などご利用の運送会社様にご確認お願いいたします。