モノで寄付する社会貢献。世界中の子どもたちに笑顔の種を。

ランドセルの寄付で社会貢献

あなたの不用になったランドセルを現地に直接、もしくはワクチンでお届けいたします

2021-10-14_14h18_21
2021-10-15_23h45_28
花畑で走る女の子(ランドセル)

ランドセルの寄付で世界中に笑顔の種を。

お子様が小学校を卒業して不要になったランドセル、捨てようとしていませんか?
確かにお子様が中学校に上がると、ランドセルの役目は終わりです。
ですがそのランドセル、ゴミにするのはまだまだ早くはないでしょうか?
思い出として取ってくこともできますが、まだ使えるランドセルであれば寄付支援にあてることができます。
6年使って使用感があったり、変わったカラーリングのランドセルでも海外、貧困国に目を向けると多くの需要がございます。
世界には満足にランドセルが揃っていないなかで子育てをしている家庭が数多く存在します。
そんなめぐまれない家庭のために是非一度ユースマイルを通じてご寄付いただけませんか?
日本ではお子様の就学前に当たり前に揃えるランドセルも、貧困国ではとても貴重なものです。
皆様からご寄付いただいたランドセルで一人でも多くの子どもたち成長に貢献できましたら我々としてそれ以上のことはございません。
ご寄付いただいた貴重なランドセル。大切に現地支援に役立てさせていただきますので是非ご寄付のご検討よろしくお願いいたします。
一部寄付支援にあてることのできないランドセルもございますが、そういったランドセルはリユース部門から認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会を通してワクチンで支援いたしますのでご寄付頂いた物品は最大限現地に還元させていただいております。

ユースマイルのランドセル寄付の特徴

誰一人取り残さない。ランドセルの寄付でSDGs

昨今メディアでも多数取り上げられ、耳にすることも多くなった言葉、「SDGs」(エス・ディー・ジーズ)。

Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の頭文字を取った略称でSDGsと呼ばれています。

持続可能な開発目標とは、「誰一人取り残さない」持続可能でよりよい社会の実現を目指す、2015年9月の国連サミットで合意された世界共通の目標です。

2030年を達成年限とし、17のゴールと169のターゲットから構成されています。

私たちこのSDGsの理念に基づき、「モノの再利用」「無駄な浪費の削減」「ゴミの減少」「教育機会の増加」「雇用機会の増加」「生活環境の向上」のため、不用品の寄付を通じて恵まれない地域・人々への物的支援を行っております。

こんなランドセルをご寄付頂きました

お子様が小学校を卒業されたということで、赤色のランドセルをご寄付いただきました。ランドセルの持ち主であったお嬢様は、当初はランドセルを記念に取っておくつもりだったそうですが、当社の取り組みを知って海外の子ども達にランドセルを譲りたいと思ってくださり、ご両親を通じてお申し込みをいただきました。
6年間大事に使われていたようで傷みも少なく、まだまだ十分に使えると判断できましたので、現地の小学校入学前のお子様に寄付させていただけました。
女の子用のランドセルをご寄付いただきました
黒色のランドセルをご寄付いただきました。やんちゃな男の子が6年間使っていたとあって多少のくたびれはありましたが、コードバンと呼ばれる馬の革を使用した非常に耐久性の強いランドセルでしたので、まだまだリユースが可能と判断させていただき現地支援に役立たせていただきました。使用感のあるランドセルで寄付できるか不安ということであれば、ぜひ一度ユースマイルまでご相談ください。
男の子用のランドセルをご寄付いただきました
子供会を通じて、その年に卒業した有志の子どもたちのランドセルを多数、寄付していただきました。まとまった数がありましたので国内で現金化しワクチン購入の費用に充てたほうがより多くの子ども達の支援につながると考え、リサイクルをさせていただきました。この度はありがとうございました。
子供会を通じて多数のランドセルをご寄付いただきました
高級感のある本革のランドセルを寄付していただきました。重みは多少あるものの、性別を問わず使いやすいハイセンスなデザインでしたので現地へ送らせていただき、小学校入学前のお子様のいる家庭へと手渡されました。まだまだ使用できるランドセルであれば、ぜひ一度ユースマイルへご相談ください。
本革のランドセルをご寄付いただきました

ランドセル寄付の方法・流れ

花畑で走る女の子(ランドセル)

梱包・発送

ご支援者様にて寄付していただけるランドセルを適当な大きさのダンボールに梱包ください。寄付対象品目にあるものでしたら一緒に梱包していただいても大丈夫ですので、下記住所まで発送をお願い致します。輸送中の破損等が無いよう、クッション性の高い衣服やぬいぐるみなどと同梱いただくと安心です。
1625567800383

仕分け・現地へ

そのまま寄付できるランドセルなのか、ワクチンに変えて支援先にお届けするかを専門家が仕分けを行います。現地でそのまま使用できるものは船便で発送します。ワクチンに変える場合は弊社のリユース部門から認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会を通してワクチンで支援いたします。
ミャンマーの子どもの笑顔

支援先へ到着

支援先にランドセルが到着しましたら、現地の協力団体を通して各孤児院や教育施設、支援を必要としている方々に分配致します。現地での作業は現地職員の方に依頼することで現地での雇用機会の増加にも寄与しています。皆様の寄付品で一人でも多くの方々の笑顔を創造していきます。

発送先住所

〒452-0811 愛知県名古屋市西区砂原町43-2
REPROZホールディングス株式会社 ユースマイル宛
※送料はご支援者様負担でお願いいたします。

こんなランドセルもご寄付いただけます

ランドセルをご寄付頂いた支援者様のお声

去年長男が小学校を卒業し、男の子なのでかなり雑に使っていたランドセルのため近所の子にお下がりするのも…といった状態だったのですが、聞いてみたところそうしたランドセルでも寄付が出来るという回答でしたので、文房具などと一緒に送らせていただきました。海外には経済的な理由で学校へ行くことができず、通学用のカバンもままならない子どもたちも多いと聞きます。そうした子達が一人でも勉強に触れるきっかけになれば、と思っています。
ご長男様のランドセルを寄付してくださった名古屋市のE様
娘が入学する際に、うちの親と主人の親側で行き違いがあり、ランドセルが2つ届いてしまい…。新品なので近所の同い年の子がいる家庭にも聞いてみたのですが、時期的にもう買ってしまったというところばかりで、持て余している状態でした。そんなときにユースマイルさんの取り組みを見つけ、海外の恵まれない子どもたちにも笑顔を届けられればと思い寄付させていただきました。娘はまだピンと来ていないようですが、遠く離れた国の子たちともお揃いのランドセルでお勉強するんだよ、と話すとニコニコとしていました。
新品の女の子用のランドセルを寄付してくださった福岡県行橋市のH様
長女が中学校へ上がり、しばらくは思い出として取っておきたまに眺めていたようですが、その娘自身がランドセルで寄付ができるとどこかから聞いたようで、「お母さん、やってみたい!」と言ってきました。調べてみると箱に詰めて送るだけで難しいことは何もなく、社会貢献に興味があるのはいいことだと思い送らせていただきました。使ってもらえるといいなぁと言っています。
ご自分のランドセルを寄付してくださった新潟市のN様
男の子にしては6年間、きれいに使ったほうだと思いますが少し個性的なカラーリングのものにしてしまったのでなかなかお下がりにするのも難しいなと思い、しばらく家に置いていました。少ししてからママ友同士で寄付活動をすることになり、使用できるランドセルであれば寄付ができると聞きましたので今回利用させてもらいました。海の向こうであの派手なランドセルを誰かが使ってくれているのかなと考えると、ほほえましい気持ちになります。少しでも役に立てたのなら幸いです。
男の子用のランドセルを寄付していただいた東京都のT様

ランドセルの寄付についてよくあるご質問

申し込み等は不要ですので、段ボールに入れていただき、そのまま下記住所にお送りください。
〒452-0811 愛知県名古屋市西区砂原町43-2
REPROZホールディングス株式会社 ユースマイル宛
※送料はご支援者様負担でお願いいたします。

名前が書いてあっても問題ありません。
名入れなどで刺繍や印刷がされているランドセルであっても、使用に問題がなければご寄付可能です。

おもちゃやベビー用品、子供服やぬいぐるみなど様々なものが寄付していただけます。
ランドセルと一緒に送っていただくことが多い品目としては、文房具などもございます。
直接現地に送れないものはリセールしてワクチンを購入し、より多くの子どもたちを救う手段とさせていただく場合もございます。

梱包のサイズや発送元、ご利用される運送会社によって変わってきますので、お手数ですが運送会社様にご確認ください。
ご利用される運送会社に指定はございませんので、ゆうパックやクロネコヤマト、佐川急便などご利用の運送会社様にご確認お願いいたします。