MENU

引っ越しで出る不用品処分の相場はいくら?安くて楽な方法は?方法別に解説 - 名古屋・愛知で不用品・家具・家電を売るなら|出張買取の買取いちばん

名古屋愛知の買取いちばんドットコム
出張買取業界最短30分|出張買取業界最短No.1
フリーダイヤル0120-305-650
9:00~20:00 / 年中無休
30秒で
無料査定
LINE@
無料査定

引っ越しで出る不用品処分の相場はいくら?安くて楽な方法は?方法別に解説


引っ越しで荷造りをしていたら、新居に運ぶ必要のないものが次々と見つかったという経験はないでしょうか。

普通にごみ箱に捨てられるものばかりでなく、
どうやって処分すればよいのか悩むようなものまで出てくるときがあります。

引っ越しでは大量の不用品が出るため、処分にいくらかかるか気になっている人もいるでしょう。

ここでは、不用品の処分方法別に、処分費用の相場を紹介します。

1.不用品の処分方法の特徴と費用を解説

引っ越しで出る不要品を処分する方法は複数あります。

どのような方法があるのかを知り、それぞれの特徴や費用の相場を理解したうえで、
処分するものや状況に応じた処分方法を選ぶことが大事です。

ここでは、各方法の特徴と費用の相場について解説します。

1-1.自治体の粗大ゴミ回収に出す場合の方法と費用

不用品処分のもっとも一般的な方法は、自治体の粗大ゴミ回収に出すことです。
粗大ゴミとして処分できるのはどのようなものなのでしょうか。

粗大ゴミとして処分できるものの特徴や、回収の方法、かかる費用の相場などについて解説します。

1-1-1.自治体の粗大ゴミ回収に出す場合の方法

粗大ゴミとは、家庭から出るゴミのうち、
家具や布団、自転車などサイズが大きいものや、
小さくても燃やしたり埋めたりする前に下処理が必要なもののことです。

ただし、自治体によって粗大ごみの定義は異なります。
ある自治体では燃やすゴミとして扱われるものが、他の自治体では粗大ゴミとして扱われることもあるということです。

最大辺が30cm以上あるものは粗大ゴミとして扱う自治体が多いようですが、
普通ゴミとして回収する自治体もあるので、事前に確認する必要があります。

粗大ゴミは、事前に申し込み予約し、指定の場所まで回収しに来てもらうのが一般的です。
事前連絡したうえで、自治体のゴミ処理施設に持ち込むこともできます。

粗大ゴミの処分は有料ですが、他の方法と比べると処理費用は安い方です。

しかし、回収してもらえる日時があらかじめ決まっているため、タイミングが合わないとなかなか処分できません。

また、自治体によっては自宅前までは取りに来てもらえないので、指定の収集場所まで運ぶ必要があります。

さらに、エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機は
家電リサイクル法の対象になっているため、通常の粗大ゴミとしては出せません。

1-1-2.自治体の粗大ごみ回収に出す場合の費用の相場

粗大ゴミ回収は有料です。
処理にかかる費用は自治体ごとに違い、回収してもらう場合と、自分で持ち込む場合でも異なります。

回収してもらう場合は、事前に費用相当分の粗大ゴミ回収処理券(自治体ごとに名称は異なる)を購入し、
粗大ゴミに貼って出すという方法が一般的です。
サイズが小さいものは有料の粗大ゴミ処理袋にまとめて入れて出す場合もあります。

ゴミ処理センターへ持ち込む場合は、
その場で現金で支払う自治体と、処分費用分のシールを貼って出す自治体があるので、事前に確認が必要です。

費用は自治体ごと、粗大ゴミの種類ごとに異なります。
1つ400~3000円程度が相場です。

自治体によっては、種類や個数に関係なく、持ち込みの場合は重量当たりいくらという設定になっている場合もあります。

東京都新宿区の例を挙げると、
椅子が1脚400円、
16インチ以上の自転車は1台800円、
二人掛けのソファーは1台1200円、
ダブルベッドはマットを除いた状態で1台2000円です。

1-2.リサイクル家電の処分方法と費用

粗大ゴミとして出すことができない家電リサイクル法の対象品目は、処分方法や処分にかかる費用が異なります。
正しく処分しなければ不法投棄になってしまう可能性があるので注意が必要です。

ここでは家電リサイクル法の対象品目の処分方法と費用について説明します。

1-2-1.家電リサイクル法対象品目の処分の方法

家電リサイクル法対象品目とは、
家庭や事務所などから排出されるエアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機のことです。

これら4品目は、部品や材料を再利用することが法律で定められているため、粗大ゴミとして処分することができません。
家電量販店など家電を扱う小売店で回収を依頼するか、料金郵便局振込方式で処分することになります。

家電量販店で引き取ってもらう場合は、
メーカーごとに決まっているリサイクル料金と店が定めている収集運搬費用が必要です。

料金郵便局振込方式は、郵便局でリサイクル券を受け取って必要事項を記入し料金を振り込みます。
リサイクル券と処分する品物を持って指定引取所に自分で運び込む方式です。収集運搬費用はかかりません。

1-2-2.家電リサイクル法対象品目の処分費用の相場

家電リサイクル法対象品目の処分費用はメーカーごとに決まっています。
ただし、メーカーごとに金額がバラバラというわけではありません。

主要グループとそれ以外というような大きなグループ分けで処理費用に差が付けられています。

主要グループに属するメーカーの処分費用を挙げると、
エアコン 990円、テレビ16型 2970円、冷蔵庫171リットル以上 4730円、洗濯機 2530円です。

家電量販店など小売店で回収してもらう場合は、
上記の金額以外に別途収集運搬費用が2000~3000円程度かかります。

処分費用はメーカーが決めているのでどの小売店で回収してもらう場合でも同じですが、
収集運搬費用は小売店ごとに異なるため事前確認が必要です。

新しい商品を購入するついでに引き取ってもらう場合と、処分だけお願いする場合とでは収集運搬費用が違います。

後者の方が収集運搬費用が高くなる場合が多いので、その点も確認するようにしましょう。

1-3.不用品回収業者に依頼する場合の方法と費用

不用品を専門に回収する業者に、不用品をまとめて回収してもらうのもひとつの方法です。
粗大ゴミやリサイクル家電として処理する場合とはどのような点が異なっているのでしょうか。

ここでは、不用品回収業者に回収を依頼する方法や費用について解説します。

1-3-1.不用品回収業者に依頼する場合の方法

不用品回収業者に依頼する場合と、粗大ゴミやリサイクル家電として出す場合とで
もっとも大きく違っているのは、自分の都合に合わせられるかどうかという点です。

粗大ゴミやリサイクル家電の回収は、日時を相手の都合に合わせなければなりません。
そのため、タイミングが合わなければ処分できないという不都合があります。

その点、不用品回収業者に依頼する場合は、自分の都合のよい日時に回収してもらえるので便利です。
そのうえ、自宅まで回収に来てもらえます。
重くて1人では運べないようなものは、自宅の中まで入って搬出してもらえるので安心です。

また、自治体などに回収を依頼すると、申込みから何日も待たなければならないことが少なくありません。
その点、不用品回収業者の中には早ければ即日対応しているところもあります。

たとえば、名古屋で不用品回収を依頼するなら、
当日の回収にも対応していて、最短30分での回収が可能な出張回収センターがおすすめです。

1-3-2.不用品回収業者に依頼する場合の費用の相場

不用品回収業者に依頼した場合の費用相場はどれくらいなのでしょうか。

ベッドは1台当たり4000~6000円、
タンスは1竿3500円、
ソファーは1台3500~8000円、
テーブルは1台2000円
が相場です。

ただし、業者によって料金設定が異なるので、事前確認し比較検討する必要があるでしょう。

名古屋の出張回収センターのように、回収する品物ごとに回収費用が設定されているのではなく、
まとめていくらという費用設定になっているところもあります。

出張回収センターの具体的な金額を紹介すると、
1~5点程度の少量のゴミを回収する少量プランが2000円~、
5~10点のゴミを回収するフレコンプランが8000円~、
小さめの家具や家電をまとめて回収するカーゴ車プランが1万円~
という具合です。

それ以上も軽トラック、1トントラック、2トントラックと積み込むトラックのサイズで料金が設定されています。

処分するものの数が多いときは、積み放題パックにするのがおすすめです。

軽トラで1万8000~2万5000円、
2トントラックで3万8000~6万円ほどになります。

1-4.引っ越し業者に引き取りを依頼する場合の方法と費用

引っ越し業者の中には、不用品の引き取りを行っているところもあります。

引っ越しを依頼する業者が不用品の引き取りを行っている場合に限られますが、
行っているときはどのように依頼をすればよいのでしょうか。

ここでは引っ越し業者に引き取りを依頼する方法とかかる費用について説明します。

1-4-1.引っ越し業者に引き取りを依頼する場合の方法

引っ越し業者の中には不用品の回収サービスを行っているところもあります。
その場合、引っ越しの荷物の搬出と同時に不用品の処分もできるので便利です。

ただし、すべての引っ越し業者が不用品回収を行っているわけではないので、
見積りをとるときや申込みをするときに確認しなければなりません。

また、不用品回収のサービスを行っている引っ越し業者でも、
引き取れる不用品に制限が設けられている場合があります。
回収してもらえるものともらえないものについても事前確認が必要です。

さらに、リサイクル家電を回収してもらえる場合でも、リサイクル費用や収集運搬費用が別途かかります。
収集運搬費用によっては、家電量販店などで回収してもらうより割高になってしまう可能性があるので、注意が必要です。

1-4-2.引っ越し業者に引き取りを依頼する場合の費用の相場

引っ越し業者に不用品の引き取りを依頼する場合、問い合わせや見積もりの際に相談する必要があります。

荷造りを始める前の段階では、不用品の種類や量がはっきりしていないため、
運び出す荷物の量から不用品の量などが判断されることも少なくありません。

実際、アイテムごとにいくらかかるかは公開されていないことがほとんどです。

費用の設定は引っ越し業者によって異なり、引っ越し費用の中に含んでいる場合もあります。

相場といえるものが存在しないため、比較が難しく、
回収を依頼する不用品の種類や量によっては、かなり割高な料金を支払うことになりかねません。

2.処分費用がかからない方法もある

引っ越しで不用品が出ると、処分するのに費用がかかって大変だと思われたかもしれません。
しかし、不用品の種類によっては、費用をかけずに処分できるケースがあります。

ここでは、費用をかけずに不用品を処分する方法を紹介します。

2-1.リサイクルショップに持ち込む

不用品をリサイクルショップに持ち込む方法があります。
リサイクルショップで買取してもらえば、処分費用はかかりません。

もちろん、リサイクルショップで買取してもらえる対象は限られます。
対象商品であっても、状態が悪い場合は買取不可になることもあるでしょう。
ブランド物などでなければ、高額の買取は厳しいかもしれません。

しかし、処分費用を払って処分するよりは、無料でも引き取ってもらえた方が余分な出費をしなくて済むということもあります。

同じものでもショップごとに買取価格が違うので、
少しでも高く引き取ってもらいたければ、持ち込むショップを選ぶことも大事です。

2-2.フリマアプリやネットオークションを利用する

フリマアプリやネットオークションで欲しい人と直接やり取りして買い取ってもらうこともできます。

フリマアプリやネットオークションは、会員登録すれば無料で利用できることが多く、
手数料が差し引かれるのは実際に売れたときだけです。

手数料はアプリやサイトごとに異なるので、始める前に確認しましょう。

ただし、出品したものが必ず売れるとは限りません。
引っ越しまでに売れず、処分できない可能性が高い点は大きな問題です。

また、フリマアプリは、引っ越し準備と重なると、購入希望者とのやりとりが面倒かもしれません。
売れた後は自分で発送の準備をしなければならないため、物によっては梱包や発送の準備に手間がかかります。

2-3.友人や知人にゆずる

まだ使える家具や家電などは、友人や知人にゆずることによって不用品の処分費用を抑えられます。

ただし、大型の家具や家電は運搬や設置の方法を具体的に考えなければなりません。
不慣れな人が運ぶことによって、運ぶ品物や建物に傷をつけてしまっては大変です。

だからといって、専門の業者を依頼したり軽トラックを借りたりすると、余分な費用がかかることになります。

運搬費用などがかかる場合は、
ゆずる側とゆずられる側がどのように費用を分担するかも考えておく必要があるでしょう。

友人や知人にゆずるのは簡単なように感じられますが、実際に行おうとするとそれほど簡単ではないことがわかるはずです。

2-4.買取専門業者に依頼する

買取専門業者に不用品の買取をしてもらうという方法もあります。

買取専門業者とは、家庭や事務所などから出た不用品を査定して買取を行う業者のことです。
回収ではなく買取なので、処分費用がかからないのはもちろん、逆にお金が手に入ります。

リサイクル家電など、本来は処分にお金がかかるものが売れれば、それだけでプラスです。
出張買取している業者を選べば、自宅まで来て査定してもらえるので便利です。

名古屋で買取専門業者を選ぶなら、買取いちばんドットコムはいかがでしょうか。
幅広いジャンルに対応しているので、引っ越しで出た不用品をまとめて買取してもらえます。

電話1本で都合の良い時間に自宅まで来てくれるため、回収日を待つ必要がありません。
最短30分で出張買取してもらえるので、引っ越しまで日にちがないときでも安心です。

他店の相場を常にチェックしている業者なので、最高値での買取が期待できます。
良いものをより高く売りたい人におすすめです。

引っ越しによる不用品は買取で処分費用を抑えよう

引っ越しの際に出た不用品の処分に、できる限り手間や費用をかけたくないものです。

しかし、自治体の粗大ゴミ回収は、安いとはいえ費用がかかり、
不用品回収業者に依頼すれば手間は省けますが、その分余分に費用がかかります。

少しでもお得に不用品を処理するなら、まずは買取専門業者に相談するのがおすすめです。

買取いちばんドットコムならメールによる査定も可能なので、いますぐ査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

 



関連記事

選べる3つの買取方法

HOW01

早く売りたい、
商品が多い・
大きい、梱包が面倒な方

出張買取

おすすめ!
リサイクルショップに行かなくてもOK

名古屋市16区・愛知県全域・三重県(近部エリア)・岐阜県(近部エリア)は最短30分で集荷

HOW02

店舗が家から近い、
外出ついでの方

持込買取

持込ボーナスあり!
少しでも高く売るなら

好きな時間にリサイクルショップを利用したい方。
パーキングもご用意。お車でのご来店OK!

HOW03

空いた時間に、
手間をかけたくない方

宅配買取

全国どこでも対応
ノーリスク!

着払いでの発送なので、送料無料!
本査定に納得いかなくても、返送料は当社負担!

査定料・出張料・配送料・キャンセル料が「全て0円!」もちろん名古屋市外、愛知県外でも「0円!」

今すぐ無料査定

お急ぎの方はお電話ください!リサイクルショップに行かなくてもご自宅でスムーズに不用品の処分ができます。名古屋市、愛知県近郊へのスピード出張買取も可能!
フリーダイヤル0120-305-650

9:00~20:00 / 年中無休