MENU

そのまま処分してはダメ!不用になった自転車は防犯登録の抹消をしてから処分しましょう! - 名古屋・愛知で不用品・家具・家電を売るなら|出張買取の買取いちばん

30秒で
無料査定
LINE@
無料査定

そのまま処分してはダメ!不用になった自転車は防犯登録の抹消をしてから処分しましょう!


自転車を購入したときの防犯登録。盗難などにあった場合に持ち主を特定するために必要な登録ですが、乗らなくなった自転車を処分するときにはこの防犯登録はどうしたらよいのでしょうか。
実は防犯登録をしたまま自転車を処分してしまうと、あとで面倒なことになるかもしれないのです。
処分する場合は事前に防犯登録の抹消をし、別の誰かに譲渡するということなら譲り受けた側が新たに防犯登録を行う必要があります。
今回のコラムでは自転車を処分する際の防犯登録抹消の正しい手順、粗大ごみで出す以外の方法で自転車を処分する方法もご紹介いたします。

私が監修致しました

そのまま処分してはダメ!不用になった自転車は防犯登録の抹消をしてから処分しましょう!監修者
黒田 真一

買取いちばんスタッフの黒田です。通学・通勤やちょっとそこまで買い物へ行くのに、自転車はとても便利ですよね。 乗らなくなったり、錆びてしまったり…、また引っ越しや買い替えなどでその自転車が不用になった時には、どのように処分したらよいかご存じでしょうか? もし状態がいいものであれば学生さんや自転車通勤をするサラリーマンなどに需要があるので、売ったり知人に譲ったりするとスムーズに処分ができます。 しかしその時に気になるのが防犯登録のことです。そのまま処分したり誰かに譲っていいのでしょうか? 今回は自転車の防犯登録の抹消方法や、自転車を処分するいくつかの方法について解説いたしますので、不用自転車の処分でお困りの際はぜひご参考になさってください。

自転車の処分前には必ず防犯登録の抹消手続きを

自転車を新しく購入した際には、自転車屋さんに勧められてほとんどの方が防犯登録を行っていると思います。
防犯登録情報には持ち主の名前や住所などが入っていますので、もし自転車を処分するのであれば防犯登録はどうしたらよいのか気になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

どうせ捨てるのだからと防犯登録を適切に抹消・変更をせずにそのまま処分してしまうと、後でその自転車を第三者が使用していた時に思わぬトラブルになる可能性があります。
自転車を処分する方法はいくつかありますが、どの方法を利用するとしても必ず防犯登録の抹消は行っておきましょう。

どんな時に防犯登録の抹消が必要なの?

自転車を処分する際には必ず防犯登録の抹消を行いましょう。
誰かに自転車を譲渡したり、リサイクルされ別の誰かが使う場合には抹消届の提出が必ず必要です。
もし防犯登録を抹消していない自転車が犯罪などに使われた場合、持ち主があなたのままになっていると、あらぬ疑いをかけられてしまう可能性があります。

防犯登録には期限がある

防犯登録には7~10年の有効期限があり、もし期限が切れてしまった場合は防犯登録は自動的に抹消されますので抹消の手続きを行う必要はありません。
継続して同じ自転車を使用する場合は再度防犯登録を行わなくてはいけません。

防犯登録の抹消方法

では、実際に自転車の防犯登録を抹消する方法について詳しく見ていきます。

防犯登録抹消手続きはどこで行える?

多くの自治体では、自転車の防犯登録の抹消手続きは交番警察署で行うことができます。
自転車屋さんの中には防犯登録の手続きだけでなく抹消もできるところがありますので、購入したお店で聞いてみるのもよいでしょう。

ほとんどの地域で無料で抹消することができます。また、抹消の手続きへは登録者本人か同居している家族が行くようにしましょう。

防犯登録抹消手続きに必要な持ち物は?

防犯登録の抹消手続きに必要なものは

  • 防犯登録を抹消したい自転車
  • 本体自転車防犯登録カード(領収書やお客様控えなど)
  • 免許証など身分証明書

「自転車防犯登録カード」とは、自転車の購入時に防犯登録を行った際に保証書と同時に渡されているカードです。
もし防犯登録カードを紛失してしまった場合は、自転車商防犯協会に問い合わせて「自転車防犯登録番号抹消・廃車願い」を受け取りそれを提出するか、保証書や車体番号がわかる領収書などでも大丈夫です。

自転車を処分する方法について

ここからは実際に自転車本体を処分する方法をご紹介していきます。
無料で処分できる方法もありますし、防犯登録の抹消が必要ない場合もありますのでご自分に合った方法をお選びください。

自転車の処分方法費用(円)防犯登録の抹消
自治体で粗大ごみとして回収500(名古屋市)必要
ごみ処理場に自分で持ち込み数百円必要なし
自転車屋さんに持ち込み処分してもらう無料~1000事前準備不要
不用品回収業者に依頼する要見積もり必要
買取、友人・知人に譲る必要

自治体で粗大ごみとして回収

自転車を粗大ごみとして処分する場合は、

  1. 電話かホームページから処分費用を確認し、回収を依頼する
  2. 費用分の手数料納付券をコンビニやスーパーなどで購入し、自転車のサドルなどわかりやすい場所に貼り付けておく
  3. 指定された回収日当日の朝8時までに、回収場所へ出す

という流れで処分ができます。
費用は比較的安価に済み、名古屋市の場合だと500円で処分することができます。

回収の後リサイクルされ再び誰かが乗ったり、回収場所に置いた後に盗まれたりする可能性もあるので、防犯登録の抹消は必ず行っておきましょう。

ごみ処理場に自分で持ち込む

自転車を自分で運ぶことができるのなら、自治体のごみ処理場やクリーンセンターといった施設に直接持ち込む方法もあります。
このとき持ち込んだものはすぐに処分されてしまうので、防犯登録を抹消する必要はありません。

重さや大きさで料金が決まるので、自転車にもよりますが数百円ほどで処分できるでしょう。
持ち込みに事前予約が必要な場合や曜日によって受付時間が変わる場合もありますので、事前によく確認しておきましょう。

自転車屋さんに持ち込み処分してもらう

全国に店舗を持つさ来るベースあさひなどでは、不用になった自転車の回収を行っています。
新しいものに買い替えるのであれば500円、処分のみの場合でも1,000円とお得に自転車を処分することができます。

しかもこうしたチェーン展開をしている自転車屋さんはたいがい自転車防犯登録も行っているので、引き取りの際に一緒に登録の抹消もできるので手間が少ないです。

不用品回収業者に依頼する

引っ越しなどで自転車のほかにもまとめて処分したいものがある場合や、期日が決まっているなどすぐに処分したいときには不用品回収業者にお願いするのも手です。

自転車を粗大ごみで処分する方法では月1回の回収日まで待ち自分で指定の場所まで運ばなくてはなりませんが、不用品回収業者に依頼する場合は自分の都合のいい日時に取りに来てもらうことができ捨てる際の手間はほとんどありません。

その分費用はほかの方法と比べて割高ですが、一番手間が少ない方法と言ってよいでしょう。
他にもまとめて処分したいものがあれば、パック料金などで少しお得に処分できます。

回収した後その自転車がまた中古として売りに出される可能性もあるので、防犯登録の抹消手続きは事前に済ませておきましょう。

悪徳な不用品回収業者には注意!

手間がかからず気軽に利用できる反面、回収したものを不法投棄したりトラックに積んだ後に高額な料金を請求してくる悪徳な業者も少なからずいますので、誠実な業者をしっかりと見極めることが重要です。

地域で信頼されており、ホームページに実績を多く掲載しているような透明性の高いところを選ぶとよいでしょう。

友人・知人やジモティーなどで譲る

まだ比較的状態のいい自転車であれば、欲しい人に無償又は安価で譲ってしまうのもよいでしょう。
友人・身内に自転車を欲しがっている人がいないか、またはジモティーなど地域の掲示板で自転車が欲しいという人を探してみましょう。

防犯登録で所有者の名義を変更することはできないので、知人などに譲る場合も一度自分の防犯登録は抹消しておきましょう。
そのうえで、新たに自転車を譲り受けた人が再び防犯登録を行います。
そのままにしておくと、譲渡した後で盗難に遭ったりした場合にややこしくなります。

自転車は売れる?少しでも高く売るには?

まだきれいで使える状態の自転車や、有名メーカーなどの高級自転車であればお金を払って処分するのはもったいないと感じますよね。

それならば、欲しいと思っている人や価値が分かるお店に売ってしまうのも一つの方法です。
どうせ売るのなら少しでも高く売りたいと思うのが当然です。ここからは、自転車をできるだけ高く売る方法について考えてゆきます。

自転車の売り方防犯登録抹消届
メルカリなどフリマアプリで売る必要
自転車買取専門店に売る不要
リサイクルショップに持ち込む必要

メルカリなどフリマアプリで売る

ブランド価値の高い自転車や状態のいい自転車であればメルカリやラクマなどフリマアプリやネットオークションなどで売ることができます。

購入した人が新たに防犯登録をできるように、事前に自分の防犯登録を抹消しておくことをお忘れなく。

メリットとしては自分の希望する販売価格を設定でき、少しでも収入になるという点がありますが、自転車を輸送するための送料は高額なので送料を出品者が負担することが多いフリマアプリでは価格設定に注意が必要です。

自転車買取の専門店に売る

もし人気のロードバイクやクロスバイク、電動アシスト付き自転車などの性能が高い自転車を処分したいのであれば、バイチャリなどの自転車の買取を専門としている業者に売るのがよいでしょう。
バイチャリではシティサイクルのような一般的な自転車の買取は受け付けていないので注意です。

防犯登録の抹消は業者が行ってくれますが、自転車を譲渡する際には「譲渡証明書」をホームページからダウンロードし、記入しておくと安心です。

リサイクルショップに持ち込む

リサイクルショップへ自転車を持ち込んで買い取ってもらうこともできます。
ただしリサイクルショップの場合はスタッフに自転車に関する専門的な知識があまりないことが多いので、有名ブランドのものや高性能なものを持ち込んでも重視されず、ただ使用状況で一律の金額を判断されることもあります。

ですのでブランド価値がある自転車や高性能な自転車をリサイクルショップへ持ち込むのはあまりおすすめできません。ごくごく一般的な自転車があればお願いするようにしましょう。

自転車に限らずリサイクルショップで何かを買い取ってもらう際には、汚れや錆びなどをできるだけ落とし、見た目の状態を少しでも良くしておくことが買取金額を上げるコツです。

さらに自転車であれば

  • ペダルがスムーズに回るか
  • チェーンが錆びていたり、きしんだりしないか
  • ライトが点くか
  • 鈴や荷物かごなど付属品の状態は良いか
  • 反射板があるか
  • 電動アシスト付き自転車の場合はバッテリーが切れていないか

などをチェックしておきましょう。
リサイクルショップで自転車を売却する場合でも、事前の防犯登録の抹消が必要です。

自転車を放置しておくのはやめましょう

ご自身の持ち家であれば乗らなくなった自転車を置いておいてもいいのでしょうが、マンションなどの共用の自転車置き場に乗っていない自転車が放置されたままだと、共用スペースを圧迫するのでトラブルにつながってしまいます。
不用になったのであれば錆びるまで放置することはやめ、なるべく早めに正しく処分を行いましょう。

また、自分のものではない自転車が放置されている場合はその自転車が私有地にあるのか公道にあるのかで対処の仕方が変わってきます。

  • 公道の場合
    どこに自転車が放置されているかによって連絡する先が変わりますが、国道であれば国土交通省、県道なら県庁、市道ならば市役所へ連絡しましょう。
  • 私有地の場合
    自転車に張り紙を貼ったり掲示板などを利用して持ち主を探すか、警察で防犯登録の照合をしてもらいましょう。
    盗難車であれば持ち主を調べて返却されます。

自転車を処分するときは防犯登録の抹消を忘れずに!

自転車を手放すには、処分であっても誰かに譲渡するときであっても防犯登録の抹消を忘れずに行うようにしましょう。
防犯登録を抹消せずに自転車を処分してしまうと、その自転車が犯罪に使われたときに自分にあらぬ疑いがかかる恐れがあります。
また、第三者に譲渡した場合でも、防犯登録が前の持ち主のままになっていると新しい持ち主が盗難したと思われてしまうこともあります。

自転車の処分を検討する際には、処分方法に合った防犯登録の手続きを行って正しい方法で処分しましょう!



関連記事

選べる3つの買取方法

HOW01

早く売りたい、
商品が多い・
大きい、梱包が面倒な方

出張買取

おすすめ!
リサイクルショップに行かなくてもOK

名古屋市16区・愛知県全域・三重県(近部エリア)・岐阜県(近部エリア)は最短30分で集荷

HOW02

店舗が家から近い、
外出ついでの方

持込買取

持込ボーナスあり!
少しでも高く売るなら

好きな時間にリサイクルショップを利用したい方。
パーキングもご用意。お車でのご来店OK!

HOW03

空いた時間に、
手間をかけたくない方

宅配買取

全国どこでも対応
ノーリスク!

着払いでの発送なので、送料無料!
本査定に納得いかなくても、返送料は当社負担!

査定料・出張料・配送料・キャンセル料が「全て0円!」もちろん名古屋市外、愛知県外でも「0円!」

今すぐ無料査定

お急ぎの方はお電話ください!リサイクルショップに行かなくてもご自宅でスムーズに不用品の処分ができます。名古屋市、愛知県近郊へのスピード出張買取も可能!

9:00~20:00 / 年中無休