MENU

洗濯機をうまく買い替えるにはコツがある?洗濯機の構造や仕組みから寿命を解説! - 名古屋・愛知で不用品・家具・家電を売るなら|出張買取の買取いちばん

30秒で
無料査定
LINE@
無料査定

洗濯機をうまく買い替えるにはコツがある?洗濯機の構造や仕組みから寿命を解説!


どのご家庭でも必需品の家電の一つ、洗濯機。
毎日使う洗濯機にも当然、寿命があります。家電製品には設計上の標準使用期間が定められており、その期間を超えてしまった場合や、近頃異音や異臭、発熱しているなどの兆候が見られ始めたら買い替え時です。
洗濯機の部品にはメーカーごとで部品保有期間があり、その期間を過ぎると修理に出せない場合もあるため修理に出して今の洗濯機を長く使った方がいいのか、いっそ新しいものに買い替えた方がいいのかを悩まれている方はぜひこちらをご一読ください。

私が監修致しました

洗濯機をうまく買い替えるにはコツがある?洗濯機の構造や仕組みから寿命を解説!監修者
河上 洋介

買取いちばんスタッフの河上です。寿命が近づいてきた洗濯機は音やカビなど様々なサインを出し、それを私たちに教えようとしてくれます。 そのサインに気づかないまま洗濯機を使い続けると…、突然使えなくなり洋服を洗えず困ってしまうかもしれません。 とくに洗濯機は家電の中でも「水」を使うものですから、故障で水漏れなどが起きた場合自宅だけでなく階下のお宅にまで被害が出てしまうなんてことも。 そんなトラブルに見舞われないために、今回は洗濯機のおおよその寿命やその前に見せる前兆について解説いたします。 洗濯機が古くなってもまだ使い続けている方や、買い替えるべきタイミングがわからず迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

洗濯機の寿命はどのくらい?

洗濯機の平均寿命は6~8年程度と言われています。

もちろん、毎日洗濯機を回すご家庭もあれば週に1回まとめて洗濯するご家庭もあるように、使用頻度などにより前後する場合もあります。

洗濯機の寿命を使用回数に換算すると平均2,500回と言われており、1日1回洗濯機を使用していると7年で2550回前後使用している計算となるため、ちょうど寿命と言われている6~8年の間にぴったりと該当します。

お子様がいる家庭ではとにかく洗い物が増えるので1日に何度か洗濯機を回したり、素材や色柄物を分けて洗うご家庭の場合は、もっと早くこの回転数を超えてしまうため洗濯機を使用できる年数としてはさらに短くなることもあるでしょう。

回転数が蓄積されていくと不具合が起こり始めるので、修理して今の洗濯機を使い続けるべきかか買い替えるかで悩んでいる場合には「今まで何回洗濯機を回したのか」大体の数字を計算してみるとよいでしょう。

「いやいや、うちにある洗濯機は20年選手でまだまだ現役!」という方もいらっしゃいますね。
しかしながら、平均寿命を過ぎた洗濯機は故障やトラブルの確率がグンと上がるのも事実なのです。
突然故障してしまうと困りますが、でもまだ使えるし…という場合は壊れてなくても買い替えなくてはいけないのか、迷ってしまいますよね。

そこで知っておくと便利なのが、寿命の目安となる指標です。

①メーカーの部品保有期間

家電製品に不具合やパーツの破損が起こった場合、多くの方はメーカーに連絡しパーツを取り寄せて交換すると思います。
この修理用の部品はいつでもメーカーに在庫があるわけではなく、実は保有する期間が決まっていることをご存じでしょうか。

メーカーによりこの部品保有期間は異なりますが、洗濯機は基本的にその機種の生産が終了してから6~7年のようです。
この期間を過ぎた洗濯機は、不具合が起きた場合メーカーに依頼しても部品がもう残っておらず修理ができない可能性があります。

まだ特に不具合が起きていなくても、同じ機種の生産が終了してから6年経っていたら、これも寿命と考えてもいいかもしれませんね。

②設計上の標準使用期間

洗濯機などの大型の家電製品は買い替えるとなるとなかなかの出費です。
壊れなるまでは長く使い続けたいというのが当然ですよね。
ですが洗濯機のような家電製品は、見た目には問題がなさそうでもいつの間にか経年劣化が進行していて思わぬ事故につながる可能性があるため注意が必要です。

そういったリスクを軽減するための注意喚起として、長く使える家電製品には長期使用製品安全表示制度というものが制定されています。
この制度で表記が義務付けられた、「設計上の標準使用期間」(洗濯機を安全に使える期間)を、寿命の目安としてもよいでしょう。
洗濯機本体にシールが貼られているので、確認してみてください。こちらもやはり6~7年間と記載されている場合が多いです。

あらかじめ期間を把握しておけば、洗濯機が壊れる前のサインを見逃すことなくキャッチできますし、前もって買い替えのための資金も積み立てておけるかもしれません。

洗濯機の寿命を示す前兆

寿命が近くなってきた洗濯機が示す前兆は様々です。
普段のお手入れで解決できるようなちょっとしたトラブルの場合もありますのでこれだけで断定はできませんが、このような不具合が起き始めた場合は先ほど挙げた使用期間も加味して考え、修理するか買い替えるかの判断の指標にしてみてください。

  • 焦げ臭い匂いがする…内部に異物が挟まって摩擦が起きていたり、モーターのベルトなどの部品の劣化・摩耗している可能性が考えられます。
  • かび臭い匂いがする…洗濯槽クリーナーなどでカビ取りを行っても匂いが取れないようであればカビが内部まで侵食してしまってる可能性も!
  • パネルが反応しない、文字が薄い、運転が途中で止まってしまうなど操作の不具合…内部の制御基板の故障や寿命かもしれません。
  • 電源コードが発熱・変色している…コードを覆っている被膜が消耗しているか中の線が断裂しているかもしれません。もしくは電源プラグの寿命により内部で接触不良が起きている恐れもあります。
  • 脱水や乾燥の効果が薄い、汚れが落ち切っていない…排水溝やフィルターが詰まっているか、パーツの劣化により機能が低下しているかもしれません。
  • 不自然な音がしている…音によって原因は異なりますが、キュルキュルという音や摩擦音がしている場合は内部のベルトが劣化してしまっている可能性もあります。

寿命を迎えているのはどこ?洗濯機の構造や仕組みを見てみよう

洗濯機に上記のようなトラブルが起きても、単なる故障なのか寿命なのか分からない場合も多いと思います。
そんな時には、洗濯機のどの部分が故障しているのか、もしくは寿命なのかをチェックしてみましょう。

洗濯機の仕組み

現在の洗濯機でスタンダードなのは渦巻式(縦型式)とドラム式のものです。
それぞれの特徴を見ていきましょう。

渦巻式(縦型式)

縦型式の洗濯機では、その名の通り縦型に置いた洗濯槽に水をためて洗濯物を洗います。
洗濯槽の底面にはパルセーター(攪拌翼かくはんよく)という部品があり、そこを回転させ洗濯物をもみ洗いするのが特徴です。

モーターとパルセーターの間にはクラッチと呼ばれる部品があり、すすぎ時に洗濯槽を固定したままパルセーターを回転させたり、脱水の際には洗濯槽をパルセーターと一体的に回転させたりしています。

一般的な縦型全自動洗濯機は、主にこのようなパーツで成り立っています。

  • 操作パネル
  • ふた
  • 洗濯槽
  • 吊り棒
  • パルセーター(攪拌翼かくはんよく
  • モーター
  • クラッチ
  • ベルト
  • 給水弁
  • 排水弁

ドラム式

日本でも主流になりつつあるドラム式はヨーロッパから浸透した設計の洗濯機です。
洗浄力が高く、天気が悪くても気にせずお洗濯ができる乾燥機能つきのものも多く人気です。
横向きに置いたドラム(洗濯槽)を少量の水と一緒に回転させ、衣類を持ち上げて落下させることでたたき洗いして汚れを落とすのが特徴です。

乾燥機能つきのドラム式洗濯機の場合は、温風を出すヒーターとファンモーターが備わっています。
そのほか、ドラム内で衣類を落下させるために持ちあげるためのリフタと呼ばれる部位や、除湿用のダクトが備えられているのも特徴です。

乾燥の方式はヒートポンプ乾燥ヒートリサイクル乾燥の2種類あります。

ヒートポンプ乾燥では洗濯機内の空気を循環させて、除湿器のように衣服を乾燥させています。
効率よく熱エネルギーを確保できるため少ない消費電力で洗濯物の乾燥、除湿ができます。
衣類へのダメージが少ないのもメリットですね。

一方ヒートリサイクル乾燥は洗濯機内に稼働中のモーターなどから再利用した熱で温風を送り、ドライヤーのように乾燥させる仕組みです。
タオルなどがふかふかになるのは嬉しいポイントかもしれません。

ドラム式も縦型式もどちらでも寿命はほぼ変わらない

ドラム式も縦型式も、洗浄方法に差があるだけで部品を生産する年数はほぼ変わりません。
そのためどちらを選んだとしても、使用頻度が多ければ多いほど本体は劣化していきます。

「ドラム式だから寿命が短い!」「縦型式を選んでしまうと早く故障してしまう」などの根拠はないのです。

洗濯機の買い替えにおすすめのシーズン

高性能な洗濯機は値段もそれなりにしますから、できるだけお得に買い替えたいですよね。
洗濯機に限らず家電製品には値段が下がる時期があるので、チェックしておきましょう。

  • モデルチェンジの時期…前年度モデルなど、最新機種にこだわりがない場合
    縦型洗濯機は5月〜6月にかけて安くなる傾向・ドラム式洗濯機は秋から冬にかけて安くなる傾向
  • ボーナスシーズン…一般的な支給時期である7月と12月は家電量販店・消費者どちらにとってもチャンス!
  • 年末年始…競争率が激しいためチラシのチェックなど早めの対策を!
  • 決算セール…年に2回、中間決算(9月)と総決算(3月)は大幅な値下げを行う家電店が多い
  • 新生活シーズン…2~3月頃。一人暮らし向けの家電がお買い得に!

洗濯機の寿命を延ばす方法

高性能でお気に入りの洗濯機であるほど、長く使えればうれしいですよね。
そこで、少しでも洗濯機の寿命を延ばす方法をご紹介します。

洗濯物をたくさん入れすぎない

洗濯物を詰め込みすぎると、モーターに負荷がかかってしまいます。
洗濯物の量を減らしたり、洗うものの量に合わせた容量の大きい洗濯機を購入するなどの工夫が必要です。

異物を混入させない

パルセーターに部品が挟まってしまうと洗濯機が正常に運転できす故障の原因となります。
ポケットに小銭やティッシュなどの小物が入ったままになっていないかをチェックしてから洗濯しましょう。

洗濯槽のカビを予防する

縦型式の洗濯槽の裏側はカビが生えやすいです。
そのまま放置すると洗濯物にかび臭い匂いが付いてしまうだけでなく、洗濯槽を劣化させてしまうこともあるので定期的に清掃しましょう。
使っていないときはフタを開けておけば、中に湿気がこもらないので安心です。
また、洗い終わった衣類を中で放置するのも湿気がこもる原因になりますし雑菌もはんしょくしやすくなりますので、洗濯が終わったらすぐに干してしまいましょう。

洗剤を使いすぎない

洗剤は入れれば入れるほど汚れが落ちるわけではなく、入れすぎると溶け残りが発生し雑菌やカビが発生するだけでなく、ヘドロ化してしまい排水溝が詰まってしまうこともあります。
洗濯ものの量に応じた適切な量を計って入れましょう。

移動させる時は縦向きで運ぶ

引っ越しの際自分で洗濯機を運搬しようとして故障させてしまうケースもあります。
運搬するときは必ず縦向きで運び、洗濯機を床や壁などにぶつけないよう注意しましょう。

雨風や日光にさらさない

部屋の作りによっては室内に洗濯機置き場がないところもあります。
ベランダや共用部に洗濯機を置く場合は雨風によるダメージを受けやすく、入り込んだ水でショートしたりする危険もあります。
専用のカバーをかけるなど室内に設置するよりも十分にケアを行いましょう。

洗濯機が寿命かな?と思ったら買い替えも検討!

音や臭い、機能が落ちるなど洗濯機の寿命の前兆が出始めたら、遠からぬうちにもっと大きなトラブルに見舞われる恐れがあります。
突然洗濯できなくなるのも困りますが、水漏れなどして下の階の方に迷惑もかけたくありませんよね。

そのようなトラブルを未然に防ぐために、寿命かなと気づいた時に洗濯機の買い替えを検討してみるのは賢い選択と言えます。

購入にまとまった金額が必要にはなりますが、泡洗浄機能や温水洗浄など最近の洗濯機の機能には目を見張るものがあります。
長い目で見れば新しいものを買ってしまった方がエコかもしれません。

6~7年ほど同じ洗濯機を使っている方は、ぜひ一度最新の洗濯機をチェックしてみてはいかがでしょうか。



関連記事

選べる3つの買取方法

HOW01

早く売りたい、
商品が多い・
大きい、梱包が面倒な方

出張買取

おすすめ!
リサイクルショップに行かなくてもOK

名古屋市16区・愛知県全域・三重県(近部エリア)・岐阜県(近部エリア)は最短30分で集荷

HOW02

店舗が家から近い、
外出ついでの方

持込買取

持込ボーナスあり!
少しでも高く売るなら

好きな時間にリサイクルショップを利用したい方。
パーキングもご用意。お車でのご来店OK!

HOW03

空いた時間に、
手間をかけたくない方

宅配買取

全国どこでも対応
ノーリスク!

着払いでの発送なので、送料無料!
本査定に納得いかなくても、返送料は当社負担!

査定料・出張料・配送料・キャンセル料が「全て0円!」もちろん名古屋市外、愛知県外でも「0円!」

今すぐ無料査定

お急ぎの方はお電話ください!リサイクルショップに行かなくてもご自宅でスムーズに不用品の処分ができます。名古屋市、愛知県近郊へのスピード出張買取も可能!

9:00~20:00 / 年中無休