MENUメニュー

システムキッチンのリノベーションで出る不用品や粗大ごみ!処分はどうするの? - 名古屋・愛知で不用品・家具・家電を売るなら|出張買取の買取いちばん

30秒で
無料査定
LINE@
無料査定

システムキッチンのリノベーションで出る不用品や粗大ごみ!処分はどうするの?


自分で行う場合でも、業者に依頼する場合でも、システムキッチンのリフォームやリノベーションを行う際にはシンクや木材、コンクリートや壁紙など、様々なごみの処分が必要になります。
リフォームやリノベーションで出たごみの処分は、キッチンの解体費とは別に廃材の処分費が必要となりますが、それを知っている人はあまりいません。
そのため、中には依頼者の知識がないのをいいことに割高な廃材処分費を請求してくる悪徳な業者も出てきてしまいます。自分で不用品や粗大ごみの処分についての知識をしっかりと持っておくことで、システムキッチンへのリノベーションの時に無駄なお金を支払わずに済みます。
そこで今回はシステムキッチンのリノベーションで出た廃材を自分で処分する方法やその費用についてご紹介していきます。正しい知識を持ち、お得に理想のシステムキッチン化を進めましょう!

私が監修致しました

システムキッチンのリノベーションで出る不用品や粗大ごみ!処分はどうするの?監修者
寺坂 健吾

買取いちばんスタッフの寺坂です。衣食住にダイレクトに関わる部分ですから、キッチンの設備はとても大切ですよね。まな板が置けないほど調理スペースが狭かったり、古くて使いにくかったり、収納が狭くて食器や食材が収まりきらなかったり…調理のたびにそんなストレスを抱えていると、自炊する気もなくなってしまいます。僕がまさにそうで、外食や出前などで食費がかさみ苦労したのを覚えています。 そんな中で、いつか自分の理想通りのシステムキッチンにしようとリフォームやリノベーションを夢見ている方も多いのではないでしょうか。 元の設備を取り払って一体型の新しいシステムキッチンに入れ替えるには解体工事を行うことになり、それに伴い出た不用品の処分も必要になりますが、不明点が多く業者の言いなりで費用を支払ってしまいがちなので注意しなくてはいけません。 キッチンのリフォームには決して安くない金額がかかります。不用品の解体や処分で無駄なお金を支払うことのないように、料金の発生する仕組みや自分で処分する方法も理解しておきましょう。

システムキッチンに取り替える際の基礎知識

キッチンの設備を新しくリノベーションすることになったら、まずはサイズの確認から始めましょう。
入れ替えたいシステムキッチンが元のスペースに収まるかどうかだけでなく、新しいシステムキッチンを置くことで家の窓やドア、収納の扉が開かなくなることもあるため細かい採寸が必要です。

さらに確認しておかなくてはならないのが、給水・排水・給湯や電気配線などの配線・配管の位置関係です。
システムキッチンと一口に言ってもL型やI型、アイランドキッチンなど様々な種類があります。希望するキッチンの構造によっては配線・配管の位置を動かす工事が必要となることもあります。

それから、当然のことですが新しいシステムキッチンを部屋に入れる際には、これまで使っていた古いキッチンを解体し設備を全て取り外さなくてはいけません。
解体工事の規模にも大小ありますが、壁を外したり配線や配管の解体をするなど、大掛かりなものになることもあります。
またシステムキッチンの導入に伴い床の補強が必要ということであれば、台所となるスペース全体の床の工事をすることになるなど総合的な判断が必要となります。

リノベーション時の不用品や粗大ごみの処理には費用がかかる

極めて小規模なセルフリノベーションなどでない限りは、出た廃材の処分費が必要になると思ったほうが良いでしょう。
水回りをそっくり入れ替えたり、壁紙を剥がしたり壁ごと撤去することになるのですから、元々そこにあった古いキッチンや壁材、外壁などはごみとして処分しなくてはいけません。

木材など、通常のごみと同じように処分することができるものもありますが、出るごみの素材は多岐にわたるため、その一つ一つを処理していくのは大変な作業になります。
なので基本的にはリノベーションをお願いする業者や工務店に処分も依頼して、廃材処分費を支払って処分してもらうことが多いと思います。

ごみの分別にかかる人件費や、産業廃棄物として処分が必要なものは許可を持った業者に依頼して処理を行う必要があるので、その費用が廃材処分費となります。

細かい金額の内訳は自治体や業者によって異なりますが、出る廃材の量に比例して廃材処分費も高額になります。
さらに大型のトラックで大量のごみを運搬する場合にかかる運搬費が2tトラックなら13,000円程度~4tトラックならその倍程度など、かかるお金は処分費だけではないのです。

小規模な工事を自分で行うというときには、出た廃材は自分で分別して処分できるものもありますが、すべて無料で処分できるというわけではありません。
システムキッチンのリノベーションで出た不用品を自分で処分する方法については後で詳しく紹介しますが、自治体の粗大ごみで処分する場合や不用品回収業者に依頼する場合は廃材処分費がかかります。

いずれにしても、リノベーションをする際には出た不用品の処分にもコストがかかるということを覚えておきましょう。

出た不用品をなるべく安く処分する方法はないの?

すべてリノベーション業者に一括で依頼すると手間は少なくなりますが、処分にかかる費用がわからないため請求された金額をそのまま言いなりで支払ってしまうことになり、実は損をしているかもしれません。

システムキッチンの不用品は、シンクや壁紙などものによっては自分で処分することができるものもあります。
少しでもコストを抑えるために、ここからは不用品を自分で処分する方法をご紹介します。

自治体の粗大ごみや不燃ごみ、可燃ごみとして処分する

「不用品を処分する」となった場合、一番に思いつく身近な方法は自治体のごみとして回収してもらう方法でしょう。

1辺が30cmを超えるものは粗大ごみの扱いになりますので、シンクなどは粗大ごみとして処分することになるでしょう。
木材や壁紙などは一般ごみの袋に入るサイズまで小さくできれば可燃ごみや不燃ごみとして処分ができます。
ただ自治体によっては解体しても粗大ごみとして処分しなくてはいけなかったり、処理施設で処分できる能力を超えている場合は回収を受け付けてくれないこともあります。
お住まいの自治体に確認してから処分に移りましょう。シンクなどを粗大ごみとして不用品を処分する流れとしてはこうです。

  1. 電話やインターネットから回収を予約し、必要な金額を確認する
  2. 金額分の手数料納付券をコンビニやスーパー、郵便局などで購入し、処分するシンクなどに貼り付けておく
  3. 回収日当日の朝、指定された収集場所に処分する不用品を運び出す

自治体でのごみとして不用品を処分するメリットは、費用の安さと確実に処分してくれる安心感です。
ものや量によりますが数百円から1,000円ほどで処分でき、慣れていない人にも利用しやすい方法となっています。

ただ自分で回収場所まで運ぶ手間や、決められた回収日まで待たなくてはいけないなどのデメリットも少なからずあります。
簡単に持って運ぶことが難しいものの場合や急いで処分したい際には、別の方法で処分することになるでしょう。
さらにシンクなどは取り外しなどの作業が必要でそれが自分ひとりで難しいようなときは、やはり業者に依頼するなどに頼ることを検討されたほうが良さそうです。

不用品回収業者に回収を依頼する

自治体での回収の次に試してほしいのが、不用品回収業者に依頼するという方法です。
不用品回収業者であれば取り外しから分別、運び出しまで全ての作業を行ってくれるので手間なくシステムキッチンの不用品を処分できます。

さらに回収日を待たなくてはいけなかった粗大ごみ回収とは違って、こちらの指定した日時に回収に来てくれるのも大きなメリットです。
処分を急いでいる場合にも、早ければ即日に対応してくれるところもあるので大きな強みとなるでしょう。

引っ越しなどで他に処分したいと考えている不用品がたくさんあるときには、そちらもまとめて回収してもらうことができ、積み放題のパック料金などを設定している業者であればお得に処分することも可能です。

デメリットとしては、手間がほとんどない分費用が高くなってしまうことでしょうか。
シンクだけ、収納だけ、と単品で回収して貰う場合は基本料金にプラスして品目ごとの処分費用を支払うこととなり、業者により差がありますがおそらく数千円~10,000円ほどはかかってしまうでしょう。
パック料金や積み放題のプランを設定してくれるところでも、やはり1万円前後は見たほうが良いでしょう。

厨房機器や金属の買取業者で売る

一般家庭のリノベーションだけでなく、飲食店の閉店などに伴うシステムキッチンの処分であれば、シンクや調理台、収納などを中古厨房機器のお店で買い取ってもらうということもできるかもしれません。

専門店であればシステムキッチンに関する専門知識が豊富なスタッフも常駐しているでしょうから、適正な価格で買い取ってもらえる上に取り外しが必要なものの工事なども安心して任せることができます。
システムキッチンとなると大きくて個人で運ぶのには難しいものもありますが、出張買取を行っているところならその心配もありません。
お金を支払って処分しようと考えていたものが、少しでも現金に変わるというのは大きなメリットと呼べるのではないでしょうか。

一般のリサイクルショップなどでは、シンクや収納などシステムキッチンの不用品の買取を行っていない可能性もあるので注意が必要です。
受け付けていたとしても知識のほとんどないスタッフしかおらず、タダ同然の金額で引き取って終わり、ということもあります。それでも処分費用がかからなかっただけマシとも思えますが、価値のありそうなシステムキッチンであれば適正な金額で買い取ってほしいと思うもの。まずは厨房機器を専門で買い取っている業者を探しましょう。

ヤフオクやメルカリなどで欲しい人に売る

処分をそこまで急いでいない方であれば、ネットオークションやフリマアプリを使ってシステムキッチンの不用品を売ってお金にするという方法も選べます。

前述した買取業者での買取は基本的には金額は業者の言い値となります。しかしメルカリやヤフオクなどへの出品であれば、自分で販売金額を設定できるため、より高い金額で買ってもらえる可能性があるのです。
メルカリやヤフオクなどはユーザーも多く、一般の人だけでなく業者が仕入れに利用していることもあり、一見敷居の高そうな厨房機器でも十分に売れやすい商品と言えます。

ただしこうしたサービスに出品してシステムキッチンの一部を販売する場合は、その出品から梱包、発送までを自分で行わなくてはならず、時間と手間がかかります。
出品の際には様々な箇所から商品の写真を撮り、傷や破損などの特記事項がある場合はその旨もしっかりと記載しておかないとのちのちトラブルになりかねません。
出品してすぐに購入希望者が現れることは少ないため待つ時間も必要で、質問や値下げ交渉などのメッセージのやり取りもこまめに行わなくてはいけなくなります。
厨房機器を輸送時に破損したりしないよう自分で梱包し、発送の手配まですべて自分で行わなくてはいけないのでこうした労力をかけてでもシステムキッチンの一部をお金に変えて処分したいという方以外には、あまりおすすめできない方法となります。

まとめ

システムキッチンにリフォームやリノベーションしようと考えたとき、かかる費用としてぱっと思いつくのは新しいシステムキッチンの設備の代金や、その設備を搬入し取り付けるための工事費が主なものでしょう。
しかし実際は、元のキッチンの解体工事や工事に伴って出る不用品や廃材の処分にもお金がかかるのです。

人生でそう何度もリノベーションを行う機会はないので、解体工事の現場を直接見たり、どのような流れで何にどのくらいお金がかかるのかを私たちが知ることはあまりありません。

そうした中で、相場を知らないことにつけこんで高額な処分費用を請求してくる悪徳業者も多く、そうしたトラブルに巻き込まれることを避けるには、正しい知識をつけることが大切です。
今回のコラムではシステムキッチンへの改修に伴う工事の流れと、不用品を自分で処分する場合の費用の目安などをご紹介しました。ものだけでなく、気持ちもスッキリとできると幸いです。



関連記事

選べる3つの買取方法

HOW01

早く売りたい、
商品が多い・
大きい、梱包が面倒な方

出張買取

おすすめ!
リサイクルショップに行かなくてもOK

名古屋市16区・愛知県全域・三重県(近部エリア)・岐阜県(近部エリア)は最短30分で集荷

HOW02

店舗が家から近い、
外出ついでの方

店頭買取

持込ボーナスあり!
少しでも高く売るなら

好きな時間にリサイクルショップを利用したい方。
パーキングもご用意。お車でのご来店OK!

HOW03

空いた時間に、
手間をかけたくない方

宅配買取

全国どこでも対応
ノーリスク!

着払いでの発送なので、送料無料!
本査定に納得いかなくても、返送料は当社負担!

査定料・出張料・配送料・キャンセル料が「全て0円!」もちろん名古屋市外、愛知県外でも「0円!」

今すぐ無料査定

お急ぎの方はお電話ください!リサイクルショップに行かなくてもご自宅でスムーズに不用品の処分ができます。名古屋市、愛知県近郊へのスピード出張買取も可能!

9:00~19:00 / 年中無休