MENU

イタリア生まれ日本育ちの「arflex」の家具の魅力と人気ソファ - 名古屋・愛知で不用品を売るなら|出張買取の買取いちばん

名古屋愛知の買取いちばんドットコム
出張買取業界最短30分|出張買取業界最短No.1
フリーダイヤル0120-305-650 9:00~20:00 / 年中無休
30秒で
無料査定
LINE@
無料査定

イタリア生まれ日本育ちの「arflex」の家具の魅力と人気ソファ


イタリアで誕生した家具ブランド、アルフレックス(arflex)は日本国内でも自社工場を持つブランドです。

そのため、国内でもとても人気が高く数々の名作は中古市場でも高値で取引されています。

今回はそんなイタリア家具ブランド、アルフレックス(arflex)とはどんなブランドなのか、魅力と活躍するデザイナー名作の数々をご紹介します。

 

1.アルフレックスとは

アルフレックス(arflex)は、1951年にイタリアで生まれた家具ブランドです。

このアルフレックスの名前の由来はイタリア語で家具を意味する「arredamenti」と、英語で柔軟性を意味する「flexibility」を掛け合わせたもの。

時代に左右されずどんな環境にも適応する家具を作りたい、とのブランドの願いが込められています。

その願いのとおりイタリアならではの合理性でシンプルなデザインと、日本の住環境にも適したものづくりで、日本人からも愛され続けているブランドです。

 

そしてアルフレックスの家具が日本でも作られるようになったのは、1969年のことでした。

イタリア生まれのアルフレックスの家具作りを現地で一から学んだ保科正氏が日本での販売権および製造権を持って帰国した後、アルフレックスジャパンを設立したのです。

日本では旭川に自社工場を展開していて、大雪山が見える豊かな自然環境のもと、一つひとつ職人の手で作り出されています。

 

2.アルフレックスの家具の魅力

日本人のライフスタイルになじむ家具

アルフレックスの家具の魅力と言えば、イタリアモダンのテイストを残しつつも日本人のライフスタイルになじむよう、素材から快適さを追求している点。

家具産地である旭川で作られるソファは、注文を受けてから専用の旭川ファクトリーで製造されています。

ソファの沈み込みの具合を絶妙なバランスにするため、ウレタンの構成技術やモールディング工法など耐久性を追求し、旭川ファクトリーの独自技術が盛り込まれています。

ライフスタイルにそっと寄り添い、快適さと丈夫さを兼ね備えたソファを作り続けているのです。

 

安心の10年保証で無償修理に対応

アルフレックスが販売しているソファのほとんどは、10年間保証がつけられています。

万が一保証部位が故障したら、無償で修理や部品交換をしているので購入後も末永く愛用できるのも人気の理由。

特にアルフレックスがこだわるモールドウレタンは、そのソファに合わせて形状を変え異なる座り心地を追求しています。

型崩れしにくく弾力にも富んでいますが、万が一10年以内に耐久性に問題が出てくるようであれば、無料で修理をしてもらえるので長期にわたって新品のような状態で使用できるのです。

 

3.アルフレックスで活躍するデザイナーたち

アルフレックスはイタリアをはじめ国外のデザイナーも集めて、これまでのオリジナリティあふれる家具を展開してきました。

その中でもアルフレックスを代表するデザイナーたちをご紹介します。

 

倉本仁

金沢美術工芸大学を卒業し、家具や家電製品の製品開発を手掛けてきたデザイナー。

代表作の「JK」は、「使いやすく、美しい」を目指して作った木製のなめらかな曲線が美しいフォルムのチェアです。

背中部分の局面は大木の無垢材から削り出して作っていて、職人の伝統の技と最先端のアルフレックスの技術とが合わさった注目作です。

 

藤森 泰司

家具デザインを中心に、武蔵野美術大学をはじめとする有名美術大学で非常勤講師も務めているデザイナーです。

アルフレックスにはテーブルデザインを提供していて、その中の「フィヨルド」はグレーで統一した木目調の個性的なテーブル。

一見無機質な印象のグレーを、濃淡で絶妙にニュアンスを変化させあたたかくやさしい印象に仕上げています。

 

川上元美

ミラノのアンジェロ・マンジャロッティ建築事務所に勤務し、その後川上デザインルームを設立しています。

1977年に登場したチェア「NT」は、2009年にグッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞しました。

誕生してから40年を経過した今もなお、多くの家具ファンの心をつかんで離さない「長く使える」普遍的デザインが魅力です。

 

川崎文男

アルフレックスジャパンで活躍し、後にカワサキフミオ・デザインオフィスを設立した横浜生まれのデザイナー。

1988年のミラノ・サローネでは日本人初の作品出典を果たしました。

ロングセラーのテーブル「PONTE(ポンテ)」は、ニューライフスタイルを提案しつつもモダンなテイストを色濃く残した人気コレクションです。

ゆるやかな曲線で分断された2台セットのセンターテーブルなど、デザイン性が高く自由度にも優れた機能的なテーブルです。

 

4.アルフレックスの数々の名作家具

私たち日本人が触れているアルフレックスの家具の約9割がアルフレックスジャパンが手掛けています。

現在まで数々の名作を生み出してきたアルフレックスジャパンの中でも、人気が高いコレクションをピックアップして見ていきましょう。

 

マレンコ(MARENCO)

アルフレックスのアイコンとも言える代表作、マレンコは丸みを帯びたころんとしたフォルムが愛らしいソファです。

デザイナー、マリオ・マレンコが一瞬で描き上げたスケッチがモチーフとされており、キュートな見た目でありながら和にも洋にも合う万能ソファです。

また、一つひとつが連結式になっていて部屋に合わせてレイアウトが自由に変更できる点や、手軽に着脱できるカバーリングタイプなど、アルフレックスならではの充実した機能性も人気です。

 

ソーナ(SONA)

ソーナ(SONA)は日本人の暮らしに溶け込む、ユニット型ソファです。

L字型ソファはアパートなどのせまい住環境だと幅が足りず、設置したくでもできない状況にありました。

しかし、このソーナは幅が2メートル程度の狭い範囲のL字型ソファに組み替えることも可能です。

また、座面はワンシートクッションを採用していて、広くゆっくりくつろげるサイズ感なのも人気の秘密。

上質なパイピング仕様は落ち着きのある風合いで、エレガンスで高級感のある家具です。

 

リン(RINN)

2011年に登場して以来、比較的新しいコレクションながらも今やアルフレックスを代表するチェアになったのが「RINN(リン)」。

スリムな木のフレームに、カバーリングのやわらかい風合いがナチュラルでどんな部屋にもなじむ新定番コレクションです。

アルフレックスと言えば高級家具ブランドとして知られていますが、こちらは1脚5万円台という入手しやすい価格帯なのも人気の理由です。

 

5.まとめ

アルフレックスは古くから日本人の好みや住環境に合わせて、時代に左右されずずっと使い続けられる家具を作り続けてきました。

イタリアならではの洗練された機能性とデザイン性は、私たちの生活を上質で豊かにしてくれるものばかり。

数々の往年の名作から新進気鋭のデザイナーが手掛ける新しい家具まで、幅広いラインナップの中からお好みのコレクションを探してみてはいかがでしょうか。



関連記事

選べる3つの買取方法

HOW01

早く売りたい、
商品が多い・
大きい、梱包が面倒な方

出張買取

おすすめ!
リサイクルショップに行かなくてもOK

名古屋市16区・愛知県全域・三重県(近部エリア)・岐阜県(近部エリア)は最短30分で集荷

HOW02

店舗が家から近い、
外出ついでの方

持込買取

持込ボーナスあり!
少しでも高く売るなら

好きな時間にリサイクルショップを利用したい方。
パーキングもご用意。お車でのご来店OK!

HOW03

空いた時間に、
手間をかけたくない方

宅配買取

全国どこでも対応
ノーリスク!

着払いでの発送なので、送料無料!
本査定に納得いかなくても、返送料は当社負担!

査定料・出張料・配送料・キャンセル料が「全て0円!」もちろん名古屋市外、愛知県外でも「0円!」

今すぐ無料査定

お急ぎの方はお電話ください!リサイクルショップに行かなくてもご自宅でスムーズに不用品の処分ができます。名古屋市、愛知県近郊へのスピード出張買取も可能!
フリーダイヤル0120-305-650
9:00~20:00 / 年中無休